場主義を徹底し
お客様との関係を良好にしたい

太田配送センターT.W

2018年5月入社 4年目

私たちの仕事 WORK

CAREER PATH

  • 入社前

    大学卒業後から約9年間、広告代理店の営業を担当。
    新聞・折込チラシ・ラジオ・TVなどの広告媒体のセールスや、商業施設でのイベント企画・運営を中心に行い、クライアントのニーズを叶えたい思いで日々従事していました。

  • 1年目

    旧北関東事業部(現第三事業部)の営業担当として、
    主に自動車メーカー向けのサプライヤー様の物流営業に従事。

  • 2年目

    自動車メーカーの営業担当として、新規の運送・保管業務の立ち上げに携わる。

  • 3年目

    自動車メーカーの外部倉庫として部品供給を担い、最も規模の大きな営業所である太田配送センターの業務推進担当として従事。所内の管理や客先の実績管理等を担当。

  • 4年目(現在)

    客先の新規案件における見積作成や、請求書作成を始め、事務所の管理業務を中心に担当。

目指すのは信頼・信用される人員になること

以前は群馬県の広告代理店で、新聞・折込チラシ・ラジオ・WEB・TV等のメディアの広告営業を行っていました。日発運輸は面接の際に、営業職を必要としていることと、お客様とのコミュニケーションにおいて前職の経験が活かせると思い入社しました。運送・保管の見積を作成する際に、ルート・荷量・荷姿・便数等を踏まえた細かな計算や論理的な思考が必要であることを思い知らされました。
現在は、太田配送センターの事務員として従事し、見積作成、収支報告、実績管理及び請求書の作成が主な業務内容です。今まで営業経験しかなかったため、机上での考えが強くあり、現場の意識が求められていることに最初は馴染めませんでした。この業務では、道路状況や天候に影響される運送業務と、システムを使った保管業務があり、突発的なトラブルに迅速に対応しなければいけない点や、従業員・トラック数が最も多い営業所のため、管理規模の大きい点が大変です。また、大規模な範囲での運送・保管業務を行っているため、覚えることが非常に多く苦慮しますが、それを身につけることで業務の幅が広がり、やりがいを感じています。まだ足りない点もありますが、わからないことがあれば現場へ出向き、直接確認し覚えるという現場主義の考えが持てるようになってきました。
営業所ではイエスマンではなく、相手と考えをぶつけあうことも重要であると思っていますが、「自分の考えを持つ」ということもまだまだ足りていません。

日々変化する環境でも、緊張感をもって団結し、ときには冗談を言い合える明るい職場で、信頼・信用される人員になりたいと思います。福利厚生も整っており、社員として非常に守られているため、安心して職務を行うことができます。今後は、保管業務でのフォローと、自らの知識の幅を広げるために、フォークリフトの免許を取得したいと思っています。

バーベキューやDIYでストレス解消

休日は家の庭でバーベキューをしたり、薪を割って汗を流すことが気分転換になっています。最近では物置のDIYを始めたので、これからは自分の部屋づくりとして趣味にしていきたいです。運送・保管業務を行う営業所では、突発的な対応も多く覚えることも多いため、日々の経験を積むことで対応力が養われます。今までの知識や経験だけでは足りないことを痛感し、それが自身のスキルアップにつながると思います。自らをステップアップさせたいと思う方は、是非入社していただきたいと思います。

1日のスケジュール

8:00始業 点呼担当週の場合は
ドライバーの点呼。
清掃・給油量のチェック。
給油残量が少ない場合は、
業者へ発注

9:00 前日の稼働実績(製品の運送数・輸送便数等)を管理フォーマットに入力

10:00 保管現場にて、ピッキング作業確認及び、手順書の見直し等の検討

12:00昼休み 昼食

12:45午後の業務を開始

13:00 安眠倉庫でのシートメーカー業務実績を管理フォーマットに入力

14:00 保管現場にて、ピッキング作業確認及び、手順書の見直し等の検討

16:00 事務作業。メール確認・翌日スケジュール作成

17:00終業